腕筋トレのやり方

腕が太くならない、筋トレのやり方に難あり

筋トレ,腕,やり方,ディープチェンジクレアチン,DCCサプリ

 

男にとって腕は、強さの証です。
たくましく、太く、例えるなら丸太のような筋肉に憧れます。

 

誰もが筋トレに勤しみ、筋肉の強化に走ります。
しかし、結果は惨敗です。

 

いくら回数をこなしても、腕は太くならずただ痛めるだけに終わります。
それは、筋トレのやり方に問題があります。

 

腕を曲げるだけの運動では、筋肉は育たずケガの原因にもなります。
重要なのは、体幹です。

 

体幹はすべての筋肉に連動し、この基盤がなくてはいくら筋トレをしても無意味です。
この両方を鍛えるには、いくつか方法があります。

 

1つ目は、懸垂です。
背筋を鍛えるだけでなく、腕の筋肉も鍛えられるうってつけの筋トレになります。

 

ポイントは、角度を変えることです。
手の位置を変えるだけで、負荷が伴いよりハードなものになります。

 

2つ目は、ディップです。
今度は懸垂の逆になり、下に向かって腕を伸ばします。

 

地に足がつかないので、数回こなすだけでも厳しく筋肉をフルに使います。
この2種類の筋トレを行えば、体の軸が安定し腕の筋肉も育ちます。

 

ただし、注意があります。
きちんとケアをしないと、骨格が曲がり神経も痛みます。

 

筋肉を育てるのは良いことですが、生活に支障をきたしてしまえば本末転倒です。
何のために必要とするのか、よく考えて筋トレに励むことが大切です。