今話題の3大筋肉サプリ比較

今話題の3大筋肉サプリを比較してみました!

今、巷で話題になっている筋肉サプリには次の3つがあります。

 

筋肉サプリ,比較,DCCサプリ,ディープチェンジクレアチン,ビルドマッスルHMB,Vrush,ブラッシュ,FIRAマッスルサプリ

 

  • DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリ
  • ビルドマッスルHMB
  • Vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリ

 

素人目にはどれも同じように見えて、「どれを選んでよいかわからない」という方もいるかもしれませんが、各筋肉サプリにはそれぞれ特徴があります。そこで、各筋肉サプリの特徴を比較し、それぞれの筋肉サプリがどんな方に最も効果を発揮するのかを考察してみます。

アミノ酸成分(筋肥大サポート成分)について

筋肉サプリ,比較,DCCサプリ,ディープチェンジクレアチン,ビルドマッスルHMB,Vrush,ブラッシュ,FIRAマッスルサプリ

 

筋肉サプリを飲む最大の目的である筋肥大効果に関わるアミノ酸成分について、主要成分を中心にそれぞれの特徴を挙げてみます。

 

DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリ

 

筋肉サプリ,比較,DCCサプリ,ディープチェンジクレアチン,ビルドマッスルHMB,Vrush,ブラッシュ,FIRAマッスルサプリ

 

アミノ酸成分:クレアチン(主成分)、HMB、BCAA、イミダ15

 

DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリは、他の二つの筋肉サプリと比較して、最もアミノ酸成分の種類が多いのが特徴です。その中でも主成分であるクレアチンは、筋肥大に効果的な成分であると同時に、ATP(アデノシン三リン酸)の合成を促す作用を持ち、それによりパフォーマンスの向上が期待できます。

 

ATP(アデノシン三リン酸)とは筋肉を動かす際のエネルギー源となる物質ですが、貯蔵量に限界があると言われています。つまり、クレアチンは体内のエネルギー作りをサポートしてくれるので、使えるエネルギーが増えて瞬発力や運動ピーク時の持久力アップが期待できるようになります。

 

それが筋トレの場面であれば、通常よりもあともう一踏ん張りのところで追い込めるようになるので、さらなる筋肉アップにも効果的というわけです。

 

クレアチンは運動パフォーマンス向上&筋肥大のサポート効果が期待できる成分なので、オリンピック選手の8割が愛用しているという話も聞きます。

 

また、クレアチンはHMBと一緒に摂ることで、さらに高いバルクアップ効果が期待できるとも言われています。バルクアップとは、体重を増やすのではなく筋肉を発達させることで身体を大きくすることです。

 

ただ一つ気になる点を挙げるとすれば、成分の配合量についてです。DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリの内容量は、1袋300mg×90粒=27,000mg(27g)であり、その中にクレアチンは25,000mg(25g)配合されています。

 

1粒当たりには約0.28gが含まれている計算になります。公式サイトによると、DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリの1日の摂取量目安は3〜6粒とのことなので、1日当たり約0.84〜1.68g摂取することになります。一般的には、クレアチンの摂取量は1日5gが推奨されていますので、DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリの1日の摂取量目安は一般推奨値よりも少ないことになります。

 

ただし、クレアチンは普段の食事からも摂り入れることになりますので、DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリでは過剰摂取にならないようなクレアチン摂取量を目安に設定していると思われます。また、DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリの内容量27g中25gはクレアチンなので、一応クレアチン以外の成分も多く入っていはいますがお守り程度という見方もできるかもしれませんね。

 

ビルドマッスルHMB

 

筋肉サプリ,比較,DCCサプリ,ディープチェンジクレアチン,ビルドマッスルHMB,Vrush,ブラッシュ,FIRAマッスルサプリ

 

アミノ酸成分:HMB(主成分)、BCAA、グルタミン

 

ビルドマッスルHMBには、主成分としてHMBが4粒当たり1,500mg(1.5g)配合されています。HMBの一般的な推奨摂取量は1日1.5〜3gと言われているので、ビルドマッスルHMBを1日に4〜8粒飲むことで、効率的な筋力アップが期待できることになります。

 

HMBは基本的には単体で直接的に普段の食事から摂取することはできません。その理由は、HMBは体内でたんぱく質から複数回分解されてできる物質だからです。その流れはこうです。

 

タンパク質⇒ペプチド⇒アミノ酸⇒ロイシン⇒HMB⇒吸収

 

また、ロイシンからHMBに代謝されるのはたったの5%程度で、このロイシンがHMBに変化しないと体内にうまく吸収されず、効果が発揮できないと言われています。ちなみに、プロテインはたんぱく質の状態なので、プロテインからHMBを3g摂取しようとすると、プロテイン1杯15gの計算で約20杯飲まなければなりません。

 

HMBは脂肪の燃焼や代謝も高めるので、ダイエットにも効果的です。

 

Vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリ

 

筋肉サプリ,比較,DCCサプリ,ディープチェンジクレアチン,ビルドマッスルHMB,Vrush,ブラッシュ,FIRAマッスルサプリ

 

アミノ酸成分:BCAA(主成分)

 

Vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリの主成分であるBCAAは、筋肉に必要とされるタンパク質を構成するロイシン・イソロイシン・バリンの3種類の肉体改造用必須アミノ酸からなる成分です。また、BCAAは身体の外からしか摂取できない成分であるにもかかわらず、筋肉を構成するアミノ酸の約35%を占めています。そのため、肉体の維持(筋肉の分解や乳酸の抑制)や強化(筋肉の合成促進)に対して重要な役割を持った物質であると言われています。

 

そんなBCAAは飲み方に少し注意が必要です。BCAAは食事に含まれるたんぱく質やアミノ酸と競合してしまうので、一緒に摂るとBCAAの成分の効果が得られにくくなってしまいます。なので、BCAA効果を得たい場合はできるだけ空腹時に飲むようにしましょう。

 

Vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリの公式HPには、BCAAの配合量は明記されていませんが、サプリ自体が2層式粒になっていることから約半分はBCAAなのではないかと思われます。

価格

筋肉サプリ,比較,DCCサプリ,ディープチェンジクレアチン,ビルドマッスルHMB,Vrush,ブラッシュ,FIRAマッスルサプリ

 

筋肉をつけようとして、どんなに運動や筋トレをしながら筋肉サプリを飲んだとしても、短期間ですぐに効果を出すことは難しいです。明らかな身体の変化が見えるまでは、平均2週間〜3ヶ月は継続して筋肉サプリを飲む必要あるので、筋肉サプリに掛かるコストについても気になるところです。そこで、1日当たりのコスパについても比較してみます。

 

DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリ:約261円
ビルドマッスルHMB:約265円
Vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリ:約131円

 

コストパフォーマンス的には「Vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリ」が良さそうなので、そのあたりも参考にしてみて下さい。

その他の特徴

筋肉サプリ,比較,DCCサプリ,ディープチェンジクレアチン,ビルドマッスルHMB,Vrush,ブラッシュ,FIRAマッスルサプリ

 

アミノ酸成分や価格以外にも各筋肉サプリの特徴について挙げてみます。

 

DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリ

 

筋肉サプリ,比較,DCCサプリ,ディープチェンジクレアチン,ビルドマッスルHMB,Vrush,ブラッシュ,FIRAマッスルサプリ

 

DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリは、男性向け健康誌「Tarzan(ターザン)」にも掲載され、数々のボディメイクコンテストでグランプリや入賞を果たしているパーソナルトレーナーの前原貴広さんという方も愛用しています。また、都内でパーソナルジムを経営するプロビルダーの方もDCC(ディープチェンジクレアチン)サプリを愛用しています。そういった実績を出したり、経験を積んだりしている方々が実際に愛用し、推薦しているということは、DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリの実力も相当期待できるのではないかと思われます。なぜなら、DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリが効果がないものだとしたら、このような人たちの信頼低下に繋がってしまうからです。

 

ビルドマッスルHMB

 

筋肉サプリ,比較,DCCサプリ,ディープチェンジクレアチン,ビルドマッスルHMB,Vrush,ブラッシュ,FIRAマッスルサプリ

 

ビルドマッスルHMBは元々は海外で人気のHMBサプリで、日本に入ってきたのはごく最近になります。

 

ビルドマッスルHMBの主成分であるHMBは、その吸収率の高さから比較的軽い運動との併用でも効果が出やすいと言われています。そのため、ビルドマッスルHMBモニター購入者の89.5%がそのバルクアップ効果を実感したとのデータがある程です。

 

ビルドマッスルHMBは、女性からも注目を集めています。最近はダイエットブームが広まり、筋肉をつけながら脂肪を燃焼したいという女性が増えているためです。ビルドマッスルHMBは美しいボディスタイルの構築に必要な「脂肪の燃焼」と「筋肉アップ」の両方をサポートしてくれるため、女性にも人気が高まっていると言えそうです。

 

Vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリ

 

筋肉サプリ,比較,DCCサプリ,ディープチェンジクレアチン,ビルドマッスルHMB,Vrush,ブラッシュ,FIRAマッスルサプリ

 

Vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリは、2012年にモンドセレクションを受賞しています。モンドセレクションとは、食品製品の品質をベルギーの審査機関により審査され、その品質基準をクリアすることにより受賞が認められるものになります。つまり、Vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリは公に品質が認められた製品ということになります。

 

それから、Vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリは、週刊少年ジャンプやファッション雑誌など、多くの有名雑誌に掲載されています。その雑誌の種類から、女性にモテたい欲求の強い10代後半から20代くらいの男性をターゲットにしていると思われます。

 

そんなVrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリには、筋肥大をサポートする成分(BCAA)だけでなく、糖や脂質などの余分なカロリー摂取を抑える効果が期待できる「インディアンデーツ」という成分も含まれています。「インディアンデーツ」は、アジアやアフリカなどの熱帯地方に自生する植物で、インドやタイでは栽培されています。この「インディアンデーツ」が配合されていることにより、激しい運動をしなくても余分なカロリーを溜め込まなくなるので、ダイエット効果が期待できるというわけです。

 

公式HPの説明によると、2層式粒の約半分は「インディアンデーツ」で構成されているようです。

 

先程、Vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリはBCAAの効果を得たい場合は空腹時に飲んだ方が良いと書きましたが、インディアンデーツの効果を得たい場合は飲むタイミングがまた異なってきます。インディアンデーツの効果を得たい場合は、食後にVrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリを飲むのがおすすめです。それは食事で摂取したカロリーの吸収を抑えるためです。しかしそうは言っても、BCAAの効果もムダにしたくないという方は食後30分程度が経過してからVrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリを飲むと、BCAAとインディアンデーツの両方の効果がバランスよく得られる形になります。

 

Vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリを飲用する際は、1日4粒を目安に水と一緒に噛まずに飲むようにしましょう。

各筋肉サプリはこんな方におすすめ

筋肉サプリ,比較,DCCサプリ,ディープチェンジクレアチン,ビルドマッスルHMB,Vrush,ブラッシュ,FIRAマッスルサプリ

 

上記で記した各筋肉サプリの特徴を踏まえて、それぞれの筋肉サプリがどんな方に最適なのかを分析してみました。

 

DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリ

 

筋肉サプリ,比較,DCCサプリ,ディープチェンジクレアチン,ビルドマッスルHMB,Vrush,ブラッシュ,FIRAマッスルサプリ

 

DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリは筋肉増強に効果的なのに加え、運動パフォーマンスを向上させる効果も期待できるため、筋トレで追い込める限界値を上げたい方スポーツで力を発揮したい方におすすめです。

 

ビルドマッスルHMB

 

筋肉サプリ,比較,DCCサプリ,ディープチェンジクレアチン,ビルドマッスルHMB,Vrush,ブラッシュ,FIRAマッスルサプリ

 

ビルドマッスルHMBは、アミノ酸成分をダイレクトに吸収できるHMBを豊富に配合しているため、これまでにプロテインの効果があまり感じられなかった方比較的軽度のトレーニングで身体を引き締めたい方におすすめです。

 

Vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリ

 

筋肉サプリ,比較,DCCサプリ,ディープチェンジクレアチン,ビルドマッスルHMB,Vrush,ブラッシュ,FIRAマッスルサプリ

 

Vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリには、アミノ酸成分BCAAに加え、インディアンデーツというカロリーの吸収を抑える成分が配合されているので、痩せながら筋力アップを目指したい方ゴリマッチョより細マッチョを目指す方におすすめです。

 

DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリの通販購入はこちら!トップページへマッチョボディに憧れる方、効率よく筋肉をビルドアップしたい方はトップページのDCC(ディープチェンジクレアチン)サプリも確認してみてください。