プロテインを飲むタイミング

運動前にプロテインを飲む効果

プロテイン,飲むタイミング,ディープチェンジクレアチン,DCCサプリ

 

プロテインを運動前に飲む効果は、空腹での激しい運動を避ける事が出来ます。空腹はエネルギー切れの状態であるので、脂肪が代わりに燃焼されてしまいます。筋トレの場合は、筋肉を増やして大きくするために行います。

 

このため、空腹で行ってしまうと筋肉が付くよりも脂肪が減少して脂肪が筋肉に変わらなくなります。筋肉が分解されてエネルギーとして使われるが、筋肉を大きくするトレーニングを行っているのは筋肉を小さくしてしまいます。

 

運動前に飲んでおくと血液中のアミノ酸濃度を高められるので、筋肉の分解を抑えて成長を促せます。プロテインと一緒に摂りたいのが糖質で、糖質はグリコーゲンに分解と吸収された後にエネルギーとして使われていきます。

 

筋トレではグリコーゲンも消費されるので、グリコーゲンは糖質から作られます。運動前に貯めておくと、身体が疲れにくくなり多くのトレーニングが出来るようになります。空腹での運動を行うのも、満腹で行うのもどちらも避けた方が良いです。

 

運動をする前にはプロテインを飲んでおくと、量も丁度良く食事より軽く済み胃腸への負担も少ないです。なるべく吸収の早いプロテインを選ぶようにして、運動直前に飲むようにしましょう。

運動中にプロテインを飲む理由

プロテイン,飲むタイミング,ディープチェンジクレアチン,DCCサプリ

 

運動中にプロテインを飲む理由は、十分な量のタンパク質を摂取して血液中のアミノ酸濃度を上げていくためです。筋肉の分解を防いで、筋肉の成長を促します。疲労の回復に繋がり、プロテインはタンパク質の含有量が高い栄養補助食品です。

 

アスリートには必須のものであるが、プロテインを飲むだけで筋肉が大きくなるわけではないです。ホエイプロテインの摂取はトレーニングの前後と就寝前と起床時等に飲むのがお勧めとされているが、どの場合も空腹の時です。

 

トレーニング中にホエイプロテインを飲むと、胃腸はタンパク質をアミノ酸に分解しようとします。トレー二ング中は胃腸への血流が悪くなるので、消化の機能が上手く働かないです。消化不良を起こす事もあり、身体のパフォーマンスが落ちてしまいます。

 

このために、トレーニング中にはホエイプロテインを飲まない方が良いです。トレーニング中にお勧めの栄養素には、ペプチドやトリペプチドやアミノ酸でタンパク質ではなくて最初から分解されている摂取すると胃腸に負担がかからないです。

 

糖質はグリコーゲンの材料になるもので、グリコーゲンは筋トレでは強度が強いので2時間も持たないです。運動中にはクラスターデキストリンを摂取するのが、お勧めです。これらの栄養素も配合されているプロテインを飲むと効果的です。

運動後にプロテインを飲めばムキムキに!

プロテイン,飲むタイミング,ディープチェンジクレアチン,DCCサプリ

 

筋トレに興味のある方ならプロテインについて検討したことがあるかと思います。今回はプロテインを飲むタイミングと体に与える影響についてご紹介したいと思います。プロテインといっても体脂肪を減らすものや純粋に筋肉を増やすためのものがあります。

 

筋肉を増やすものがホエイプロテインと呼ばれるものです。これは乳製品由来のタンパク質を使用したもので、筋肉量を増やすためには欠かせないものです。一般的にはウエイトトレーニングとともに補給するものですが、実は摂取するタイミングによって効果が変わってくるのです。

 

例えば運動前だと血流が平常通りであまり活発とはいえません。つまり摂取しても、体のなかに貯まるだけで効率的に筋肉へ運ばれていかないのです。では運動後に摂取するとどうでしょうか?全身が血流が活発な状態になっており、取り入れた栄養素は迅速に必要な場所へと運搬されていきます。

 

更にプロテインとはそもそも筋肉を増やすために必要な栄養素を強引に詰め込んだものです。その栄養素の塊が今まさに栄養を欲している場所へドカンと運ばれるわけですから、運動前に比べて吸収効率が桁違いです。

 

もっと言えば運動前に摂取するとあとで胃もたれを起こしますが、運動後に摂取することでそれを防ぐことができ筋肉以外の体への負担を軽減する効果もあるのです。このように、プロテインを運動後に摂取していくようにすることで効率よく吸収し、より強靱なボディを手に入れることができるのです。

DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリの通販購入はこちら!トップページへマッチョボディに憧れる方、効率よく筋肉をビルドアップしたい方はトップページのDCC(ディープチェンジクレアチン)サプリも確認してみてください。